1人暮らし女子のおしゃれなお部屋コーディネイト術

1人暮らしのおしゃれ部屋作りは、実用性とおしゃれの2つのポイントを抑えないと、
結局ごちゃごちゃしてしまい、おしゃれとは呼べないお部屋になってしまうことがあります。
実用性とおしゃれのポイントを抑えるには、お部屋の『レイアウト』がとても重要になります。


家具は白を基調として、コンパクトにまとめる

image1

ベッド、ソファ、テレビ、テーブルすべて置こうと思ったら、部屋が狭くなりすぎて、
生活がしにくくなることも。
そこで、限られたスペースですべて配置しようとおもったら、
家具の大きさを小さいものを選びおきましょう。

白を基調とすることで、部屋を広く見せることもできます。
また、白は他の色とも合わせ易いので、
自分の好きな色をさし色として使うことで、かわいくしたり、モダンにしたりナチュラルにしたりと自分好みのお部屋を作ることができます。

 

最低限必要な家具のみでレイアウトし部屋を作る

image2

収納・ベッド・テレビの3つが最低限あれば、生活することができると思います。

収納タンスは背の低いタイプのものを選び、
その上にテレビを置くことで、テレビ台の代わりになります。

テレビと平行にベッドを配置することで、
寝ながら見ることもできるし、
クッションを背もたれにすれば、ソファの代わりにもなります。

ご飯を食べるときのテーブルは、
折りたたみ式のものを使うことで、
生活導線を邪魔しないので、とても生活しやすいです。

この配置は、カーテンが目に入ってくる割合が高くなるので、
おしゃれな柄のカーテンを使うことで、お部屋の印象を高めることができます。

 

おしゃれなデザイン家具と質の高い小物を組み合わせる

image3

1人暮らしで部屋の広さに制限がある以上、壁沿いの有効活用がポイントになります。
置くだけでおしゃれな雰囲気が演出できるデザイン家具を取り入れましょう。
写真のラックは、背面がないため、部屋を圧迫しないので広く見せることができます。
ラックいっぱいに物を詰め込むのではなく、余白ある空間を作ることで、すっきりとした印象になります。
細かいものは、デザイン性のある収納BOXを活用すると見せるインテリアにもあります。

また、スリッパなどすこし質が高いものを使うだけで、おしゃれな印象を与えることができます。

背面を生かすのにアートを飾るのも部屋の雰囲気を変えるのでいいでしょう。